あせもの予防

あせもの予防

たくさん汗をかくシーズンに突入するとなりやすいあせもですが、あせもは何が元で発症するのでしょうか。
あせもの要因を知ることが出来れば、あせもを未然に予防することが可能です。
あせもになる原因は様々ですが、大量の汗を拭かずにそのままにしておくことが一番の問題とされています。

ほとんどの方が、汗を掻いてきちんと対処しないで放置したことであせもが見られるようになることが多いようです。
通気性のよくない服を着用することにより、汗腺が塞がれてしまいあせもが出てくる場合もあります。

子供は特に汗を掻きやすいので、通気の良さを考慮して洋服を決めるようにしましょう。
新陳代謝に優れている赤ちゃんに身に着けさせる洋服についても、気をつけてあげなくてはいけません。
自ら訴えることができないのが赤ちゃんですから、ちょくちょく確認してあげましょう。
汗を大量にかくからといって、あせもになりやすいタイプとは限りません。

肌に細菌が付着し、汗と一緒になることによってあせもを引き起こすこともあります。
さらには、日焼けしたパーツが、汗と交じり合うことによってなることもあります。
汗をかきやすい夏季には特に注意が必要ですが、春・秋にもブーツなどを履くことにより蒸れてあせもになるケースがあるようです。

冬には室内の暖房が強すぎて、あせもが出てくるようなこともあります。
首周りやわきの下・頭など、発汗量が多くなりやすい部位は、なるべく清潔に保つように心掛けるようにしましょう。
たくさんの発汗があった場合には、拭き取る・着替えるなどの対処方法を実践することによりあせもになることを防ぎます。
まずは、あせもの原因となる汗を拭きとることを心がけましょう。